2018年09月10日

【旅行】天津の日帰りコース@

サライ不動産です。

日帰りで、市内へ観光に行きたいお客様は、ルートと案内について、困ってるかと思いながら、コースを数個に整理して、一つ一つに発表しますので、よろしくお願いします。

または、日本語通訳、車等の手配について、ご遠慮なく我々に連絡ください。

では、紹介内容に入りましょう。

スケジュール

8:00:開発区から出発

9:00:古文化街着

9:00-11:30:古文化街観光

11:30-12:30:五大道風情区(車乗り)

12:30-14:10:昼食

14:30-16:30:天津磁器の家観光

16:30-17:30:開発区に戻る


次は、上記観光地についての紹介です。

古文化街

住所: 天津市南開区通北路と東馬路の交差点
入場料: 無料
開放時間: 全日
古文化街.jpg

@国家の5Aクラスの観光スポット。
A建築スタイルは明・清朝式に模造
B街は天后宮を中心に、宮南大街と宮北大街にわけられている。全長が680メートル、街の真ん中に1404年に建てられた戯楼がある。南北の街角に其々は牌坊があり、上には「津門故里」と「沽上芸苑」が書いている。
Cお土産の店舗がたくさん並んでいる

民俗博物館(天后宮)

住所: 天津市南開区古文化街80号
営業時間: 午前9:00−午後5:00(月曜日閉館)
天后宫.jpg

@国家3Aクラスの景区、天津市文物保護部門である。
A媽祖文化と天津地域民俗文化、民間信仰の研究・展覧・観光機能を一体に集める総合的な民俗博物館である。
B元朝の至元15年から20年までの間(西暦1278-1283年)に建て始めた。元朝の泰定3年(西暦1326年)に元朝の政府が再建した。1985年に大規模に再建した。そして、天津市民俗博物館が設立された。
C天津天后宮は西側にあって東向きである。5360平方メートルの土地を占め、東から西までは戯楼と幡杆、山門、牌坊、正殿、鳳尾殿、蔵経閣、財神殿、関帝殿、啓聖祠及び鐘楼、張仙閣と四つの配殿に構築された。1985年に再建された後、天后宮の陳列の展覧位を保留した上に、次々に天津民俗と民風の展示に基づく展覧会を開いた。運漕と婚育、商業、民間生活、民間芸術、民間信仰などの習慣を系統的に紹介した。

五大道風情区

住所: 天津市和平区19号
入場料: 無料
五大道.jpg

@天津の市街の南に位置市し、東から西へ中国西南部の名城重慶と大理、常徳、睦南、馬場の名前で名付けられた五つの大通りが並んでいる。天津人はここを「五大道」と呼ぶ。
A五大道には20世紀の各国のスタイルの建築が2000ヶ所がある。建築面積が100万余り平方メートルがある。最も典型的な300軒建築の中に、英風建築が89ヶ所、イタリア建築41ヶ所、フランス建築6ヶ所、ドイツ建築4ヶ所、スペイン建築3ヶ所及びたくさん文芸復興時代のような建築がある。      
B古典スタイル、折衷スタイル、バロックスタイル等があって、万国建築博覧園と呼ばれている。

狗不理の肉まん

住所: 天津市和平区山東路77号
電話: 022-23031118
包子.jpg

@天津「三絶品の首位」でもあり、中華老舗の一つでもある。今まで150年余りの歴史を持っている。
A狗不理の肉まんは食材が細かく選ばれ、作り方が厳しく、外観は美しい。特に肉まんの整った襞は18個均一である。出来上がったばかりの肉まんはメンチが柔らかく、うまい上に、全然脂っこくなく、すがすがしい口当たりをしている。
B現在、伝統的な豚肉まんと三鮮まん、肉皮まんに限らなく、海鮮まんや野菜まん、蟹まんなどの新品を百種類以上添えた。

天津磁器の家

住所: 天津市和平区赤峰道72号
営業時間: 9:00-18:00
チケット:50元/名
瓷房子.png

@磁器の家の前身は一軒の百年の歴史がある洋館である。館長の独特なデザインと芸術的創作によって、今は天津市の一ヶ所のランドマークになった。
A毎年数百万人の国内外の観光客を引きつけ、ここへ中華民族の輝かしい古代の文明を味わいにくる。
B張連志は30年間に苦しく収蔵した歴代の7億枚の骨董瓦板を一軒のフランス式の洋館の中に貼り付けた。その中に1.3万件の骨董磁器、300体の石像、300体の石獅子も含んでいる。デザインと創造の全過程は10年をかかった。
C世の人に全世界でも唯一の中国古代の文化芸術聖殿――磁器の家が現われた。
D2005年に所蔵が最豊富な私立博物館として「ギネスブック」にのった。所蔵の種類は:磁器、石造像、元明清家具、青銅器、漆器、石刻石碑、歴代の古瓦板を含む上に、更に「清代の反侵略武器シリーズ」、「毛沢東著作及び記念品シリーズ」などの「赤色テーマ」シリーズの所蔵を含み、十数類別の数万件の珍しい所蔵に及ぶ。 その中に、クラッシクの家具明朝と清代の家具を主とし、万個近く収蔵されている。石像は北魏時代の作品を代表とし、約300体収蔵されている。磁器は明朝と清代の作品を代表とし、3万個収蔵されている。青銅器と銅製鏡などが百件近く、漆器が百件近くある。歴代の石刻と石碑などが万体ある。清朝の反侵略武器が三百丁ある。歴代の古瓦板が一億枚ある。

上記の控えルート以外、中国国内での他の都市の旅行ルートの案内も可能ですので、
ご興味があれば、ご遠慮なく連絡ください。




中国天津サライ不動産  連絡先    
電話1(プッシュホン)  022-6622-3110                    
メールする  sarai_tj@aliyun.com                
ホームページ  (←クリック)             
相談・見積書作成・物件見学・仲介の手数料はすべて無料ですので、
いつでもお気軽にご連絡ください!!!           
posted by サラチャン at 11:46 | 天津 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【旅行】天津の日帰りコース@

サライ不動産です。

日帰りで、市内へ観光に行きたいお客様は、ルートと案内について、困ってるかと思いながら、コースを数個に整理して、一つ一つに発表しますので、よろしくお願いします。

または、日本語通訳、車等の手配について、ご遠慮なく我々に連絡ください。

では、紹介内容に入りましょう。

スケジュール

8:00:開発区から出発

9:00:古文化街着

9:00-11:30:古文化街観光

11:30-12:30:五大道風情区(車乗り)

12:30-14:10:昼食

14:30-16:30:天津磁器の家観光

16:30-17:30:開発区に戻る


次は、上記観光地についての紹介です。

古文化街

住所: 天津市南開区通北路と東馬路の交差点
入場料: 無料
開放時間: 全日
古文化街.jpg

@国家の5Aクラスの観光スポット。
A建築スタイルは明・清朝式に模造
B街は天后宮を中心に、宮南大街と宮北大街にわけられている。全長が680メートル、街の真ん中に1404年に建てられた戯楼がある。南北の街角に其々は牌坊があり、上には「津門故里」と「沽上芸苑」が書いている。
Cお土産の店舗がたくさん並んでいる

民俗博物館(天后宮)

住所: 天津市南開区古文化街80号
営業時間: 午前9:00−午後5:00(月曜日閉館)
天后宫.jpg

@国家3Aクラスの景区、天津市文物保護部門である。
A媽祖文化と天津地域民俗文化、民間信仰の研究・展覧・観光機能を一体に集める総合的な民俗博物館である。
B元朝の至元15年から20年までの間(西暦1278-1283年)に建て始めた。元朝の泰定3年(西暦1326年)に元朝の政府が再建した。1985年に大規模に再建した。そして、天津市民俗博物館が設立された。
C天津天后宮は西側にあって東向きである。5360平方メートルの土地を占め、東から西までは戯楼と幡杆、山門、牌坊、正殿、鳳尾殿、蔵経閣、財神殿、関帝殿、啓聖祠及び鐘楼、張仙閣と四つの配殿に構築された。1985年に再建された後、天后宮の陳列の展覧位を保留した上に、次々に天津民俗と民風の展示に基づく展覧会を開いた。運漕と婚育、商業、民間生活、民間芸術、民間信仰などの習慣を系統的に紹介した。

五大道風情区

住所: 天津市和平区19号
入場料: 無料
五大道.jpg

@天津の市街の南に位置市し、東から西へ中国西南部の名城重慶と大理、常徳、睦南、馬場の名前で名付けられた五つの大通りが並んでいる。天津人はここを「五大道」と呼ぶ。
A五大道には20世紀の各国のスタイルの建築が2000ヶ所がある。建築面積が100万余り平方メートルがある。最も典型的な300軒建築の中に、英風建築が89ヶ所、イタリア建築41ヶ所、フランス建築6ヶ所、ドイツ建築4ヶ所、スペイン建築3ヶ所及びたくさん文芸復興時代のような建築がある。      
B古典スタイル、折衷スタイル、バロックスタイル等があって、万国建築博覧園と呼ばれている。

狗不理の肉まん

住所: 天津市和平区山東路77号
電話: 022-23031118
包子.jpg

@天津「三絶品の首位」でもあり、中華老舗の一つでもある。今まで150年余りの歴史を持っている。
A狗不理の肉まんは食材が細かく選ばれ、作り方が厳しく、外観は美しい。特に肉まんの整った襞は18個均一である。出来上がったばかりの肉まんはメンチが柔らかく、うまい上に、全然脂っこくなく、すがすがしい口当たりをしている。
B現在、伝統的な豚肉まんと三鮮まん、肉皮まんに限らなく、海鮮まんや野菜まん、蟹まんなどの新品を百種類以上添えた。

天津磁器の家

住所: 天津市和平区赤峰道72号
営業時間: 9:00-18:00
チケット:50元/名
瓷房子.png

@磁器の家の前身は一軒の百年の歴史がある洋館である。館長の独特なデザインと芸術的創作によって、今は天津市の一ヶ所のランドマークになった。
A毎年数百万人の国内外の観光客を引きつけ、ここへ中華民族の輝かしい古代の文明を味わいにくる。
B張連志は30年間に苦しく収蔵した歴代の7億枚の骨董瓦板を一軒のフランス式の洋館の中に貼り付けた。その中に1.3万件の骨董磁器、300体の石像、300体の石獅子も含んでいる。デザインと創造の全過程は10年をかかった。
C世の人に全世界でも唯一の中国古代の文化芸術聖殿――磁器の家が現われた。
D2005年に所蔵が最豊富な私立博物館として「ギネスブック」にのった。所蔵の種類は:磁器、石造像、元明清家具、青銅器、漆器、石刻石碑、歴代の古瓦板を含む上に、更に「清代の反侵略武器シリーズ」、「毛沢東著作及び記念品シリーズ」などの「赤色テーマ」シリーズの所蔵を含み、十数類別の数万件の珍しい所蔵に及ぶ。 その中に、クラッシクの家具明朝と清代の家具を主とし、万個近く収蔵されている。石像は北魏時代の作品を代表とし、約300体収蔵されている。磁器は明朝と清代の作品を代表とし、3万個収蔵されている。青銅器と銅製鏡などが百件近く、漆器が百件近くある。歴代の石刻と石碑などが万体ある。清朝の反侵略武器が三百丁ある。歴代の古瓦板が一億枚ある。

上記の控えルート以外、中国国内での他の都市の旅行ルートの案内も可能ですので、
ご興味があれば、ご遠慮なく連絡ください。


中国天津サライ不動産  連絡先    
電話1(プッシュホン)  022-6622-3110                    
メールする  sarai_tj@aliyun.com                
ホームページ  (←クリック)             
相談・見積書作成・物件見学・仲介の手数料はすべて無料ですので、
いつでもお気軽にご連絡ください!!!           

2018年08月17日

澳門での国際的な花火祭り

サライ不動産です。

5月に一度都市紹介の中に、澳門を紹介しました。

今回、マカオで年に1回の国際的な大型花火祭について紹介します。

今年の第29回祭りは9月1日、8日、15日、24日及び10月1日に澳門旅行塔に
向かっている海上で上演する予定です。
微信图片_20180816234037.jpg

且つ、祭り当日午後5時から11時まで、澳門旅行塔の隣に「火樹銀花」カーニバルを行います。
舞台演出、美食、ゲーム等の番組があります。

早速に、花火祭りの詳細内容は下記通りです。
微信图片_20180816234000.jpg

では、続いて、天津から澳門までの航空便をご参考くださいませ。

行き:

天津空港T1 12:15→マカオ空港15:35 NX237

(例:9月22日の料金:約877RMB)

帰り:

マカオ空港08:10→天津空港T1 11:15 NX238 (例:9月25日の料金約1361RMB)

或は

珠海空港15:35→天津空港T2 18:35 SC4694

(例:9月25日の料金約 1160RMB)

備考)以上の参考料金は8月15日の調べた結果です。日にちにより、差額があることをご了承ください。)
微信图片_20180816235458.jpg

花火祭りを見に行きたい方は、早めにホテルの予約をオススメます。

例として、現在予約したら、1か月後の宿泊料金について、holidayhotelは約1000~1300RMBと見込みです。



澳門に行きたい方は、スケジュールに困っている場合に、
サライ不動産に連絡の上、旅行ルート等を紹介しますので、ぜひご遠慮なく連絡ください。



中国天津サライ不動産  連絡先    
電話1(プッシュホン)  022-6622-3110                    
メールする  sarai_tj@aliyun.com                
ホームページ  (←クリック)             
相談・見積書作成・物件見学・仲介の手数料はすべて無料ですので、
いつでもお気軽にご連絡ください!!!           
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。