2019年09月19日

【観光】北京天安門広場の歴史

サライ不動産です。
今回は、中国旅行文化の北京天安門広場の由来について紹介したいです。

明の成祖永楽帝が北京遷都した時期には天安門から南下し「大明門」
(清朝では「大清門」、辛亥革命後に「中華門」と改名)に至る「千歩廊」と称される大通りと、
現在の長安路に存在した「長安左門」と「長安右門」の間を結んだ丁字形の空間が存在し、
天安門広場の原形が既に存在していました。
1954年に「千歩廊」の左右の官庁と倉庫群を撤去、中華門と長安左右門を撤去して現在の天安門広場が形成され、
天安門広場建築に併せ人民英雄紀念碑も建設されています。
また1976年に毛沢東が死去すると、翌年にかけて広場の南の中華門跡地付近に毛主席紀念堂が建設されました。
天安门广场.png




中国天津サライ不動産  連絡先    
電話1(プッシュホン)  022-6622-3110                    
メールする  sarai_tj@aliyun.com                
ホームページ  (←クリック)             
相談・見積書作成・物件見学・仲介の手数料はすべて無料ですので、
いつでもお気軽にご連絡ください!!!           
posted by サラチャン at 07:51 | 天津 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。